デパスとジェイゾロフトでうつ病克服サポート

デパスとジェイゾロフトでうつ病克服サポート

デパスの効果はどれくらい?

デパスとは日本で製薬、販売されている抗不安薬の一つになります。
ベンゾジアゼピン系に分類されている治療薬で、様々なシーンで活躍しているオールマイティな薬として有名です。
主には抗不安薬として、緊張や、不安などを取り除いてくれるので、うつ病の患者などに処方されます。
効果は強いのですが比較的穏やかな作用なので、初歩的な治療薬とされてます。
他にも肩こりや頭痛、腰痛などにも効果があり、体をほぐしてくれます。
睡眠前の緊張や、不安をなくすことで入眠しやすくなりますので、睡眠薬として服用してる方もいらっしゃいます。
女性に多い更年期障害や、自律神経失調症、など心身ともに症状が出てくるものにも処方されます。
色々なシーンで活躍するお薬なのですが、あまりにも効果も感じられ、副作用も少ないので、手放せなくなる方も多いとされています。
抗不安薬などは薬の依存症や離脱症状が多いとされてますがこの抗不安薬は比較的少ないとなってます。
ですがやはり依存してしまう患者の方もいるのも現実です。
基本、頓服として服用するのですが、やはり毎日服用してる方は、薬が無いと余計に不安になってしまうや、薬が無いと眠れなくなるなどの逆に不安になってしまうという方もいらっしゃいます。
なのでやはり、薬は薬ですので、いつかは飲まなくてもよくなるように上手に付き合っていくことが必要となります。
依存に注意は必要ですが服用したら、必ずしも依存するわけではありません。
服用方法を間違えないで、効果をさらに期待したいといって過剰に摂取するのではなく必ず、処方された通りに服用するようにしましょう。
正しく服用すればこれほど抗不安薬の効果を実感でき安全な薬は中々ありません。
初期のうつ病患者にとってはなくてはならないもののひとつです。
実際私も服用していた時期がありました。一か月2シート20錠を処方してもらいました。
頓服として、不安な気持ちが少し強めの時など服用してました。
服用してからすぐ効果を時間でき、夜もぐっすり眠れるようになったので夢のような薬だなと感じれました。
今では服用せず持ってるだけで、安心して生活を送れるようになりました。
私の中では、今では服用してませんが、お守りのような薬です。
デパスは現在の日本で、なくてはならない薬だと思われます。