デパスとジェイゾロフトでうつ病克服サポート

デパスとジェイゾロフトでうつ病克服サポート

うつ病の要因

うつ病のはっきりとして原因は現在まだわかっていません。
脳内にある神経伝達物質の働きが乱れが起こって発症すると考えられています。
発症のきっかけとなる要因は環境によるものと身体の要因の2つに分けられ、一方だけが発症のきっかけになったり、両方の要因は複雑に絡み合って発症することもあります。
環境の要因として考えられているのは、対人関係(トラブルやストレス)、大切な友人または家族との死別、家庭が上手くいっていない、結婚や引っ越しによる環境の変化などが挙げられます。
悲しいことや辛いことばかりでなく、結婚などめでたい事などでも環境の変化に適用することができずに、うつ病の発症原因になってしまいます。
また、身体的な要因は、疲労や脳の疾患、甲状腺に異常がある場合や感染症あるいはガン、女性に関して言えば、ホルモンバランスの乱れや出産後や更年期などが挙げられます。
この他にも多くの要因があり、そのため人によって症状の発現の仕方が異なり、治療も人それぞれになります。
うつ病になりやすいタイプとして考えられているのが、几帳面な性格の人や責任感が強い人、または周囲からの評価が高く期待を受けている人などが発症しやすいと言われています。
こういった性格の人は自身の許容範囲を超えて頑張りすぎてしまい、溜め込んでしまいやすく、心のバランスが崩れやすいとされています。
治療にはまずデパスというクスリを使用します。
というのも、発症してから多くの人が感じるのが不安感であり、治療の第一歩として不安を取り除かなければならないからです。
デパスとは抗不安薬となっており、チエノジアゼピン系に属するクスリであり、睡眠導入剤としての効果もあるクスリです。
不安や緊張を緩和してくれ、気持ちを落ち着かせリラックスさせてくれる作用があります。
特徴として作用が強く、半減期が短いので、つい飲み過ぎてしまうクスリです。
副作用は少ないとされていますが、注意が必要な副作用として依存性があります。
もう1つの特徴として服用を続けると効果がなくなってくるというのもこのクスリの特徴であり、服用量を多くしてしまうきっかけにもなります。
服用を始める場合、常に服用量を考えながら適切な期間のみに服用するようにしましょう。