デパスとジェイゾロフトでうつ病克服サポート

デパスとジェイゾロフトでうつ病克服サポート

うつ病のクスリの分類

抗うつ剤には、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAなどに分類されます。
多くは、脳内の神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンに作用します。
脳内に選択的に作用するので、治療効果も高まり、副作用が少ないと言われています。
どの分類があっているかは、個人差があり、医師と相談しながら自分にあったものを選択することが良いです。
他にも抗不安薬と呼ばれるものがあり、不安を和らげる作用があり、気持ちを落ち着かせリラックスさせてくれる効果があるものがあります。
有名なもので、デパスというクスリがあります。
デパスとはベンゾジアゼピン系に属するクスリであり、作用は強めとなっています。
半減期も6時間ほどと短く、高い効果がある反面、依存性も高いと言われています。
長期連用により、より依存性を高める可能性があります。
高い効果があるものの服用には十分な注意が必要なクスリとなっています。
効果が弱い分、副作用や依存性が低いクスリがSSRIに分類されているジェイゾロフトとという抗うつ剤です。
似たような効果があり、気分の落ち込みや不安を改善する効果をもっていて、脳内伝達物質である、セロトニンのみに作用するクスリです。
ジェイゾロフトは他のクスリに比べ、効果はやや弱く、重度のうつ病の方には物足りなさを感じるかもしれませんが、副作用などが気になる方や、少しの効果があればいいという人には使いやすいクスリとなっています。
うつ病の患者数は増加してきており、身近な精神疾患の1つとなってきています。
気持ちだけで乗り越えられるものではなく、最初に紹介したクスリやカウンセリングを用いて治療を行っていく必要があります。
患者さんによって治療方法も異なるので、その人にあった治療方法を選択していかなければなりません。
また症状は精神面以外にも症状がでることがあり、肉体的に症状がでる場合もあります。
肉体的な苦痛がある場合、精神的な部分が隠れてしまい、症状が見えにくくなっている場合もあります。
個人での判断のみでの治療は難しいので、医師に相談しながら治療を進めていってください。


【オススメリンクのご紹介】
 ジェイゾロフト(セルトラリン)を通販購入する